お問い合わせ・ご注文のEメールはこちら
常滑焼の急須
常滑焼といえば、やっぱり急須ですね。
湯切れの良さや使いやすさ、繊細な仕上げには定評があります。
スタンダードな商品として流通しているので、常滑焼と知らずにお使いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
ヤマタネは常滑焼急須を、お手ごろな価格の品から地元作家の逸品まで、幅広く豊富に取り揃えております。
もちろん、どの品もヤマタネならではのお値打ち価格!
ぜひ店頭で、手にとってお確かめください。
急須を使い込んだ方なら、きっとご納得いただけるはずです。
良い急須で入れたお茶は、格別で深い味わいが楽しめます。
 ※サイトページ掲載の画像には、販売終了となった商品もございます。
恐れ入りますが、ご来店の際は事前に在庫の有無をご確認いただきますようお願い申し上げます。
このページのTOPへ▲
このページのTOPへ▲
 カタログもご覧ください。↑↑↑をクリック
このページのTOPへ▲
このページのTOPへ▲

ホトちゃんこと蛍原徹さんも絶賛!!
お茶の健康と旨さ丸ごと
ガッテン急須
 地元の放送番組「遊びに行こっ! ホトチャンネル」で紹介されました。
内側がすり鉢になっているので、
お茶の葉がそのまますりおろせます。
だから、お茶の香りがさらに際立って、
おいしい粉茶がまるごといただけます。
このページのTOPへ▲

とれび急須
お手入れかんたんな
商品です
こちらのアミのタイプは、
おーばる急須といいます。
茶こしの取り外しができて洗える! いつも清潔に使用できます。
このページのTOPへ▲

三代北龍 梅原タツオ
陶歴
1994年 梅原昭龍に入門
1998年 三代北龍となる
2000年 第29回長三賞入選
2001年 第48回とこなめ焼振興展金融協会賞受賞
2004年 第51回とこなめ焼振興展デザイン賞受賞
2004年 ジャパンブランドプロジェクトに委員として参加
2005年 第34回長三賞入選
2005年 第52回とこなめ焼振興展デザイン賞受賞
2006年 第35回長三賞受賞
2007年 東京ドームテーブルウェアーフェスティバル入選
2007年 第36回長三賞奨励賞受賞
2007年 第54回とこなめ焼振興展 中部経済産業局長賞受賞
2008年 東京ドームテーブルウェアーフェスティバル東京都知事賞最優秀をダブル受賞
2008年 第37回長三賞入選
2008年 第55回とこなめ焼振興展 銅賞(とこなめ焼陶業賞)受賞
三代北龍の朱泥急須
使い込むほどに渋さと風合いが増します。
朱泥急須の神髄とも言える逸品です。
繊細さを感じる手造りの一品物です。
繊細さだけでなく、しっかりとした造り、バランスの良さ、飽きの来ないデザインで高い評価を得ています。
手にとっていただければしっかり手に馴染み、お茶を入れるのが楽しくなるような感覚がお分かりいただけるはず。
特に女性の手には良く馴染みます。中国茶にもお使いいただけるサイズです。
ぜひ、店頭でお確かめください。いい急須です。
今ならお手ごろな価格、これぞ納得の逸品! ヤマタネだけの限定販売中です。
このページのTOPへ▲
さまざまな活動を通して、新たな常滑焼の可能性を追求し、発信し続ける渡辺氏の意欲作をヤマタネならではのお値打ち価格で展示即売しております。
”自由奔放で自然体な常滑焼”が感じられる高山陶苑の作品をぜひお手元に。
このページのTOPへ▲
はじめまして。創作急須 茶 逢 です。
「ちゃほう」と読みます。
平成17年春、私たちは生まれました。
いろいろな国のさまざまなお茶と出逢い、
楽しんでいただきたい。
そんな思いを名前に込めました。
日本茶だけじゃなく、
中国の香りの強いお茶も、
欧州の伝統的な紅茶も、
常滑の土ならなぜかおいしくいれられます。
気取らず、片手で、あなたらしく、
茶 逢 を楽しんでください。
茶 逢 創作若の会
相羽 久仁晃(Aiba Kuniaki)
陶暦
愛知県常滑市に生まれる
静岡大学大学院農学研究科修了
常滑市陶業試作訓練所訓練生後、鴻陽陶園にて作陶に励む

初展 〜2000年秋、五味のつくる想いは李朝〜
韓国陶磁器エキスポ出品
グループ若手造形集団 陶魂
常滑市長三賞陶業展 奨励賞受賞
盆栽の器展 入選
一心陶房 土平栄一
こちらのデザインも茶逢です
このページのTOPへ▲
掲載の急須は当店の品揃えのほんの一部です。
ご来店いただければ、豊富な品数がお確かめいただけます。
ぜひ一度ご来店ください。お待ちいたしております。
◆◆◆ 急須にあわせて湯飲みや器もお選びください ◆◆◆
湯飲みも他店に負けない品揃えです。
このページのTOPへ▲
高級急須・湯のみセット(木箱入り)も多数取り扱っております。
ご贈答品などにぜひ
このページのTOPへ▲
このページのTOPへ▲